スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本万国博覧会

  • 2014/02/16 19:34
  • Category: 雑記


「日本万国博覧会記念写真集」

通称「大阪万博」のアレです。

以前から関連の本が欲しかったのですが、現在新書として入手できる本には
満足できるものがなく、古本で良い物があればなぁ〜と思っていたところ
フラっと立ち寄った黄昏時の古書店で発見してしまいました。

プレミアム価格というわけでもなく、定価より安価ないたって普通の値段付け。
出会いは一期一会と思い、迷わずにレジへGO!


expo_002.jpg

「箱、ビニールカバー付き、コレクター品」
との謳い文句ではありましたが、コンディションはまあまあデス。

通常の使用と経年変化によるダメージは散見されますけど、破れや書き込みは無し。
8000部限定出版なので、発行されたものは全部初版本なのではないかなぁと。
44年前の本である事を考えれば奇麗な状態なのかもしれませぬ。


expo_003.jpg

定価は「5000円」です。
1970年の大卒男子初任給が36,700円らしいですから5000円は……高い!


expo_004.jpg

そしてその「値段」に見合うだけの装丁は施されています。
美術図鑑のような重厚な化粧仕上げに、高そうな紙の見返しと遊び紙。
同人誌で同じ事をしたら見積もりの段階で失禁しそうです。


expo_005.jpg

当然ですが写真の全てが古いデス。だがそれがイイ!

少しピントの甘い写真、色褪せた印刷、古書特有の微かなカビっぽさ、
写真に写る人々の服装、駐車場に止まる自動車、案内表示の文字……
その全てがノスタルジーへといざなってくれます。


私は大阪万博へ行った事がありません。
残念ながらこの時代には生まれておりません。というか陰も形も欠片すらありません。
だからこそなのかも知れませんが、この時代に憧憬の念を抱いてしまいます。

不便な事も多く、色んな問題もあったかもしれませんが、前を向いていた時代。
働いたら働いた分だけ豊かになった時代。進む為のエネルギーに満ちていた時代。


出口が見えず、閉塞感が満ち溢れ、疑心暗鬼に苛まれる今の時代の住人としては
この琥珀色の本がとても眩しく映ります。







スポンサーサイト

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

カサイこーめい

Author:カサイこーめい
社会の底辺及びネットの辺境に生息するポンチ絵描き。
サークル:KOWMEIISMで活動しています。
主に成人向け。
ショタからオヤジまで射程範囲は広めです。

メール:
kowmei@nifty.com

Twitter

検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。