スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今、そこにいる僕

imasoko.jpg

観始めたら最後まで一気に観てしまいました。
オリジナルの放送は1999年。当時はWOWOWのみ。
この辺が災いしてか意外と知られていないのですが・・・かなりの良作アニメ。

全話通して維持されている作画クオリティ、ダレる事なく進むストーリー展開等、放送用アニメーションの域を超えているものがあり、7年経った今も色褪せる事なくその魅力を放っています。
基本となるテーマは重いのですが、絡んだ伏線や複雑な心理描写等かなり引き込まれる内容になっています。

そしてなにより主人公は、13歳の短髪剣道少年、シュウ。
1話早々に異世界に飛ばされてしまうのですが、そこで彼を待っていたものは不審者奴隷扱い、そして徴兵といった納得できない事ばかり。
当然反発するワケですが、それによって尋問及び拷問を受けてしまうのです。
椅子に座らされて縛られ、ことあるごとに椅子ごとふっ飛ぶ程殴られます。
主人公の悲鳴だけが聞こえるシーンがあるのですが、その悲鳴があまりにも生々しいので
「一体どんな拷問を受けているのか!?」
といらぬ妄想を働かせてしまいます(笑)

全13話、息もつかせぬ怒濤の展開で進みます。
私も「とりあえず今夜は第1話だけ」のつもりが一気に観てしまいましたw

気になった方は一度観られる事をオススメします。
現在DVD-BOXで発売中。限定版ではないので普通に買えますw




スポンサーサイト

Pagination

Utility

プロフィール

カサイこーめい

Author:カサイこーめい
社会の底辺及びネットの辺境に生息するポンチ絵描き。
サークル:KOWMEIISMで活動しています。
主に成人向け。
ショタからオヤジまで射程範囲は広めです。

メール:
kowmei@nifty.com

Twitter

検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。